2018.5.10BTC(ビットコイン)1時間足チャート分析

108万円の直近最高値からのダブルトップをつけたBTC。下落が開始して直近の最安値98万円まで下落をし現在は再び100万円を超え102万円後半までの上昇となっています。

一時間足で見てみると現状BTCは上値が重く、100MA(移動平均線)に抑えられる形で102万円台後半を高値に頭を抑えられています。

現状ここでのロング危険だと判断することができます。
ロングをいれるのであればネックラインと雲の上値支持の100万円6000円から直近安値の98万まで買い増ししていくのがベストの方法だと思われます。
損切りラインは直近安値を下回ったらきれば問題ありません。

現状はショートがベストだと思います。
現愛の値からショートを入れるなら損切りラインは103万円に設定し、ここをうわ抜けた場合ドテンロングを入れます。
個人的には一度下落してからの上昇と考えています。

フィボナッチで見てみても現在は38.2%で抑えられています。

ただしここから数時間後の23.60%は雲の支持線、ネックライン、とサポートがかなり厚く働きます。ここを下回ったら直近安値まではノンストップで落ちていく可能性も十分にあります。

相場はどのように動くのかは誰にもわかりません。損切りラインやエントリーラインを見定めて利益を最大化できる戦略を練っていきましょう!