2018年の仮想通貨戦略を考えてみた

2018年の仮想通貨戦略を考えてみました。2017年は右肩上がりに仮想通貨に資金が入ってきていたためガチホしていたものが、税金も払うこと無く一番資金を伸ばせています。

しかし2018年に入り連日の大暴落でガチホ組は資金を大幅に失い、アンケート結果によると2017年に比べ、負けている人が圧倒的に増えています。

市場は常に動いているのでその次代にあった戦略が必要です。例えばアベノミクスが始まった当時は株を保有するだけで資金が右肩上りに増えました。バブル時代は土地やマンションを購入して数年寝かして売るだけで何倍もの利益を得ることができています。

はたしてこの戦略が現在にに通じるかというとなかなか難しいところがあります。

仮想通貨市場は長期的に見れば右肩上がりになるのでしょうが、昨年のような上昇は普通に考えて今後難しくなってくるでしょう。時代にあった戦略を考えていくのが一番ベストです。

個人的に考えてみた2018年の戦略を紹介していきます。

スイングトレード

数日間から数週間でトレードを手仕舞う方法です。安い時に仕込んで数日後に値が上がったところで売却します。そしてその売却益+元本で違う銘柄に投資をして数日後、数週間後に売却し、安くなっている銘柄に投資を繰り返し利益を上げていきます。

現在の仮想通貨市場は大きく下がった銘柄に投資をして反発を待つのが利益率が高いです。テクニカルがわからないのであれば、直感的に売られすぎているという銘柄に投資をして何%下がったら損切り、上がったら利確して次の銘柄に投資する戦略もいいと思います。

リップル60円やビットコインが70万円以下って安く感じませんでしたか?。

また上がっているからまだ上がるから大丈夫という強欲な感情は昨年のビットコインがどうなったかを思い出してください。含み益は幻です。利確をしてこその利益なのでそこは忘れないようにして下さい。

フィアット(現金)は残しておく

2018年の勝ち組負け組の差は間違いなくこれだと断言できます。フィアット資金を全額仮想通貨に投資して暴落して割安になったコインに投資できなくて泣く泣くガチホすることしかできなかった人は多かったのではないでしょうか。

暴落後にRippleを70円で購入していれば現在100円の値がついています。イーサリアムは7万円で買っていれば今9万円の値が付いています。

投資したフィアットが30%以上値上がりして含み益をもたらしてくれていますが、フィアット資金がない場合は何もすることができません。暴落は起こります。価格が上がり含み益がでたときこそ、欲張らずに利確して少しでもフィアット資金を残しておいて下さい。

イナゴにならない

2017年はイナゴがイナゴを呼びさらにイナゴを呼び価格が高騰していきましたが、もうそれは通じません。

価格が上がって購入する場合は、トレンドラインの押し目で購入するようにしておきましょう。上がり続けるものは存在しません。

ウォーレン・バフェットの言葉です。

・多くの人はみんなが株式市場で加熱しだすと興味を持ちます。でも本当はみんなが興味がない時に興味を持たないといけない。既に人気で上昇中の株は買えません。

・ なぜか多くの人が投資のタイミングを価値ではなく値動きから察知する。絶対上手くいかないのは自分で理解していない投資をしだしたり、先週誰かが儲けたからといってそれを真似すること。最も馬鹿なのが株が上がってるからといって買うことだ。

草コインに手は出さない

バブル時代真っ只中、信じられない話かもしれませんが、田舎の建売で土地付き一軒家が5000万円で販売されても売れている時代でした。
今ではいいとこ3000万円が相場です。

相場に対して異常に価格がついても売れる時代、これは昨年の仮想通貨と似ています。開発がストップしているコインが高騰し、詐欺コインと言われるコインまでもが高騰し何を買っても値が上がる状態でした。

今後はこのようなコインはさらに値下がりし、将来的に有望なコインに資金が回り始めていくでしょう。XPやPACに高値で飛びついてまた同じ道を歩むより堅実に有望なアルトコインに投資をしたほうが期待値は高いでしょう。

逆転を狙うなら有望な銘柄を探して一点投資

あまりおすすめできる投資方法ではありませんが、資産100万円程度で絶対に億り人になるというならこれしかないように思えます。もしくはFX。
今からビットコインやイーサリアムで億り人になるというのはかなりの無理があります。また100倍銘柄を探すとなるとツイッターでまだ誰もツイートされていない銘柄か有望なICOを探していくしかないでしょう。
おすすめはしません。