ビットコイン暴落した時に日本人がどれだけ悲観売りしているのか検証してみた

海外は2%前後の下落に比べて日本が3.7%も暴落しているのが分かります。約2倍も下げているのがまずこの画像をみてわかります。

もともとパーセンテージはこれくらい差がひらいていたのいたのじゃないかというかたにはこちらの画像。これは暴落前の画像です。上昇傾向にあったときですね。日本は各国よりもパーセンテージが上向いています。

ではおさらいしましょう。これが暴落が起こると、はいこうなります。本当に本当に何を考えているんでしょうね。

では実際にいくらぐらい下げたのか見ていきましょう。
まずは海外の暴落画像です。この画像は5分足で見たものですが、海外の下落は約200ドルとなっています。

では日本のビットフライヤーFXをみてみましょう。同時刻の同じ5分足です。137万円から130.5万円まで下落しています。

グラフにするとこうなります。ヘナさんのツイートを観てみましょう。

これ毎回の暴落で起こることです。USDよりもいつもは価格が高いのに暴落するとUSDよりも下に来るんです。そして価格が上昇するとUSDの上を行くのです。
戦略的には、暴落した時にこれでもかというくらい下に指値置いておくと引っかかることがあるので、証拠金を考えて指しておくのもいいと思います。

という私は、ロングポジションで134万5千円で注文が通らずに売れず無事終了しました。様子を見て損切りするか持ち続けるか考えていきます。