ビットコインFX下落はロング利確や高値圏のイナゴの損切り

USDでのビットコインチャートになります。昨夜の下落は上値が重くロングの利確売や高値圏でのロングの損切りと考えられます。

下落開始時は0時から1時となりますがロング・ショートの比率を見ていただけるとわかりますが、この時間帯でショートは増えておらずロングの数が減っています。
このことからショートを積んだと考えるよりも最初に書き記したようにロングの利確や高値圏でロングをしたイナゴの損切りと考えられます。

今回のショートポイントしては頭が重く、15分の出来高が上がっていても上値を抑えられ高値更新できず、トレンドラインを割ったところで利確売となっています。
比較的このショートは取りやすかったポイントに思えます。

今後の展開としては一時間足は雲上にあることやトレンドラインを割っていないことから、一旦の利確売の調整であり基本的にはロング優勢と見ています。