【動画あり】コインチェック記者会見の内容をまとめてみた

2/13の午後8時にコインチェックから会見がおこなわれました。和田社長は出席されず大塚さんのみ会見に出席しました。

会見内容について重要なところを箇条書きにして書き出してみました。全内容を知りたい方は動画を載せているのでそちらでご確認下さい。

個人的な意見としては和田社長は出席するべき、また最後の大塚さんの逃げるように退出していく姿勢はあまり良くないように感じられました。

ただし記者の意見に対しては一問一問答えられる範囲で答えていたので前回よりも良い会見でした。

会見内容

・401億円の日本円出金は完了(返金依頼に対しての資金はある)
明日以降の種菌について継続して出金に対応して順次していく

・NEM補償時期に目処がついたため日にちが確定次第発表するとのこと

・仮想通貨の送金とばいいばいについて外部のセキュリティが確認次第再開の見通し

・金融庁とのやり取りについては答えられないことがあるためコインチェック側からは一切回答できない。

・改善計画や具体的内容についてはこたえられない。

・補償の内容を変更する見込みはなし。(NEMは88円日本円で返金の可能性が高い)

・事業は継続して行く予定。これから他企業の資本提携などは答えることができない

・会社とお客様のの資金は分別管理している

・匿名通貨は継続していく

・登録できなかった場合は違法となるので事業は継続できない

・和田社長が会見に出席していないのは大塚が責任を持って報告させてもらっている。

・コインチェックの財務状況については解答できない。

・業務改善命令については解答できない。

・出金の停止の凍結は考えられないという意見については当社ではこれが最善の考え方であった。

・日本円以外の仮想通貨は手元に分別管理でおいてある。

・経営陣の進退については検討中。

コインチェック記者会見動画