FX初心者でも勝てる確率が上がる方法5選

FXでトーラルでプラスにするには日々の積み重ねが重要となってきます。少しのルールを守ることによって利益増やすのは難しいことではありません。

FXではちょっとした火遊びが大火事となってしまします。いつもはハイレバレッジをしないのにその時だけ大暴落をしてロスカットなどです。

今回は利益を増やすために少しでも勝率を上げるポイントを記事にしてみました。これをもし実践していなければ試しにやってみて下さい。

自身を持って今よりも勝率が上がるといえます。

エントリーポイントをじっくりと待つ

意味もなくエントリーをするのではなく相場にはトレンドというものがあります。そのトレンドにラインを引くとラインの位置で反発してくるのがみえてきます。

これは緩やかな下落トレンドの15分足となります。ラインを引いた位置で綺麗に反発しています。このラインの位置でロング、ショートでエントリーすることによって損切りラインや利確ポイントが明確になります。

特に損切りの場合このラインよりを超えてしまった場合に損切りすればいいだけなので損失を最小に抑えることができます。

またこの矢印のポイントで購入した場合大きな利益をもたらしてくれます。ハイリスクローリターンをとるよりも、このようにローリスク・ハイリターンをとったほうがいいと思いませんか?

逆にこれ以外の場所でなんとなくエントリーしてしまうとポジションが全くわからなくなってしまいます。どこで損切りするべきなのか利確はどこなのかを決めておかないと損切りできなかったり、含み益がでていてもその利益をとばしてしまうことになってしまいます。

移動平均線や一目均衡表、フィボナッチ指数、RSIなど考えることがFXは覚える用語が多々ありますが、時にはシンプルに考えていくのも重要です。

どっちに相場が動くかわからない場合や、とりあえず参加してみようというのは競馬、競艇、競輪で全レース賭けているのと変わりません。利益を得るには狙ったポイントで確実に小さな利益でもとっていきます。

コツコツと積み重ねた利益が積み重なって大きな資産をもたらしてくれます。

トレード日記を毎日つける

日記なんて面倒くさくてやってられないと思われるかもしれませんが、自分の失敗や成功を振り返ることができます。損切りラインが遅かったり、利確ラインを欲張ってトレードした結果を毎日つけます。

そうすることにより自分のトレードスタイルが見えてきて、自分の弱点やどういう場面で利益をあげられるのかがわかります。
ボックス相場が得意なのか、上昇相場が得意だとか、反発をとっていくのか、時間足のトレードはどの時間が向いているのかなどです。

例えば私の例で行くと最も得意としている時間足は15分で基本的にっこの時間足を軸にトレードして、15分足でエントリーポイントがない場合は、3分足、5分足で短時間で利益を抜いたりもしています。

証拠金維持率に余裕を持ってトレードする

スキャルピングでハイレバレッジまだわからなくもないですが、証拠金維持率はどれだけ低くても最低300%は欲しいです。

証拠金維持率150%程度でやっていると強制ロスカットに怯え、利確を早めてしまったり、損切りしなくていい場所で損切りしてしまったりと慌ただしいトレードとなってしまいます。

また大暴落に巻き込まれてしまうと一瞬にして資産を飛ばし追証をくらうこともあります。

基本的に証拠金維持率を低めで何年も生き残っているトレーダーは聞いたことがありません。

FXで退場する殆どがコツコツドカンと負けるパターンです。

ベテラントレーダーを参考にすると700%程度でトレードをしています。

感情は一切捨てる

一番トレードにおいて強いのは機械的にトレードをすることです。人間の感情はいりません。感情が入ることによって欲が出て含み益を飛ばしたり、損切りできずに損失を増やすだけになります。

負けを取り戻そうと枚数を増やして追い打ちをかけるように往復ビンタを繰り返し最後は暴落し強制ロスカットからの暴落も十分に考えられます。

資金がいくら減ろうが、今ある資産をみつめて正しいトレードを機械的にしていきましょう。

他人の意見に惑わされない

FX最中にチャット画面でここから絶対に上がる、下がるやインフルエンサーがツイッターなどでこれから自分はロングで入ると言った内容は聞いたことがあるでしょう。

人の意見を聞くのはいいかもしれませんがトレードスタイルを確立するためには自分の意見を曲げずにトレードしたほうが、結果的に利益は出ます。

人によってトレードスタイルが違うのは当然です。エントリーポイントや利確ラインは違い、人の意見ばかり聞いていると何も成長しません。

私も最初の頃はツイッターで情報を集めて勝ち組の言うようにトレードしていたことありますが、自分の成長に繋がりませんでした。しかし自分がロングして、有名な方がショートしていた場合は後から答え合わせをするようにしています。

そうすることによりスキルアップにつながっていきます。

こちらは失敗談の記事とFXオススメの本の記事ですので併せて読んでみて下さい。

FXで失敗談をブログにまとめてみた。これをすれば負けるFX失敗特集

2018.02.08

初心者必見!!ビットコインFXを始める前に読むべきオススメFX本の紹介

2018.02.05