一目均衡表(雲)とは何?

世界中のトレーダーが使用している一目均衡表。日本人の細田悟一氏によって考案されたテクニカル指標で世界でも「ICHIMOKU」という名で描画ツールとして活用されています。
一目均衡表とは、マーケットには売り手と買い手がいます。そのどちらが現在買い手が強いのか売り手が強いのかという均衡(バランス)が「一目」でわかるテクニカル指標です。

まず一目均衡表を使用するにあたって覚えなければ用語があります。覚える種類も他のテクニカル指標に比べて多いのですが、まずはざっくりと覚えてチャートを見て復習をすれば すぐに覚えられるようになります。

一目均衡表には割り出す数値の計算などがありますが、今では使用しているツールで一目均衡表を出せば、全てコンピューターが計算して描画してくれるので難しく考える必要はありません。
各用語の意味だけ理解していれば問題ありません。

一目均衡表の種類

①転換線

・過去9日間(当日含む)の高値と安値を2で割った数値

②基準線

・過去26日間(当日含む)の高値と安値を2で割った数値

③先行スパン1

・転換線と基準線を2で割った数値を26日先に記入

④先行スパン2

・2日間の高値と安値を2で割った数値を26日先に記入

⑤遅行スパン

・当日の終値を26日前に遡って記入

転換線と基準線

こちらは2つをセットとして指標にします。移動平均線と同じようにゴールデンクロス、デッドクロスを判断し相場ののトレンド判断に仕様します。

転換線が下から上に抜けたらゴールデンクロスとして買いシグナル、逆に転換線が基準線を上から下に抜けたらデッドクロスとして売りシグナルとなります。ゴールデンクロス時は転換線が上にあり、デッドクロス時には転換線が下にきます。

転換線(水色)が基準線(紫)を下に抜けデッドクロスとなり相場が下落トレンドに向かう。

雲とは先行スパン1と2で形成されこの2つの間に色が表示されます。この色のことを雲と呼びます。なお先行スパン1、2が上下入れ替わることもあります。
雲の役割として雲の上にローソク足があると上昇トレンド、下にあると下落トレンドであると考えられています。また雲の中にローソク足が入っているとそのどちらでもなく上昇トレンドなのか下降トレンドなのかをさまよっていることになります。

ローソクが雲よりも上にある場合

雲の上にローソクがある場合、雲が下値支持線として下値を支えてくれています。矢印のところで下値支持線として働き上に押し返しています。

この場合は矢印のところでロングを入れるのが正解で雲を下回った場合に損切りするのがベストな選択です。

ローソクが雲よりも下にある場合

雲が下にある場合は雲が上値抵抗線として働きます。矢印のところで上値抵抗線として働き下に押し返されています。

こちらは逆に矢印のところでショートを入れるのが正解となります。

遅行線

遅行線の役割は相場の転換を示す指標となります。どのようにみるかというと、遅行線がローソク足を下から上に突き抜けたときを好転の買シグナル、その逆遅行線がローソク足を下に突き抜けたら逆転の売シグナルとなります。
ではここで1月から2月にかけて暴落したビットコインを見ていきましょう。
遅行線は当日の終値を26日前にさかのぼって記入と先ほど書きました。矢印の遅行線がローソク足を突き抜けた日にもし、ショートを仕掛けていたらさてどうなっていたでしょう。
下の図を見て分かる通り相場は売りとなり下落トレンドに突入しています。

今回はこのように遅行線がローソク足を下に抜けて下落トレンドとなりました。全てがこのように上手くいくわけではないので、他のテクニカルと併せて判断するとさらに精度が上がるようになるでしょう。

初心者向けにnote書いています。